安全性の高い国産ドッグフード

2007年、ペットフードの大量リコール問題がおきました。
始まりは、カナダのメニュー・フーズ社のウェットフードを食べて病気になったというクレームでした。
クレームが続いたため、メーカーが問題のフードで動物実験を行ったところ、腎上全といった病気や死亡するという結果がでました。

問題は、同社が使用していた、中国のある企業が製造した原材料小麦グルテンであったことが判明。
それをうけて、同社は製品のリコールを開始しました。
しかし、問題はそれだけで終わりませんでした。
その汚染された原材料は、数多くの各国のフードメーカーで使用されていたため、被害はどんどんひろがっていきました。
結局この事件で、死亡したペットの数については諸説あり、3600匹死亡したとする説もあります。

問題は、ペットフードメーカーが、自社製品の原材料を自社で管理せず、多くのメーカーが同じ問屋から原材料を仕入れており、その製造元は同じであったことから発生しました。
OEM(業務委託)で複数の業者が、同じ海外の原材料を利用し、かつその品質を全く管理していなかったのです。

この事件をうけて、国内で入手できるペットフードの安全性を確保するための法規制の必要が叫ばれるようになりました。
そして、平成21年からペットフード安全法「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律《が施工されました。
この法律により、これまで表示義務のなかった製造業者吊や賞味期限などが義務化され、国は国内で販売されているフードを監視し、問題が起きた時はリコールを命令することができます。
産地は、最終加工地で、原材料は原産地としてあります。

今はきちんと国産と表記のあるものを、消費者が選べるようになりました。
国産にこだわったフードは信頼がおけますし、できれば保存料無添加とか無着色などのフードを選択し、値段だけでなく原産地や原材料の表示は必ず確認して購入したいものです。
積極的に安全性の高いフードを選択することで、フード全体の品質向上が期待できます。