ドッグフードを丸飲み?

ドライのドッグフードはどれもこれも同じような形状をしています。
犬の食べる様子をよくみていると、実はかなりの割合で、ドッグフードを丸飲みしているのです。
丸飲みしたあとに、吐き出してまた食べる犬もいます。
飼い主としては、非衛生的にみえてしまい、取り上げてしまう人もいるようですが、実は、犬は基本的に丸呑みする生き物です。
中には、良く噛む犬もいるという程度で、全然かまない犬もいます。

そもそも、ドライフードは、ドライも、セミモイストも、ウェットも、丸呑みしても大丈夫なように作られています。
喉につかえやすいドライタイプは、そのために、高圧で加工し発泡させ、胃の中で解けて消化されやすいようになっています。

一体何故、犬は餌を丸飲みするのでしょうか。
野生だった頃の犬は、群れで狩をしていました。
捕まえた獲物を、ゆっくりと咀嚼していたのでは、仲間に横取りされてしまいます。
ひとまず飲み込む習性は、このころの吊残といわれています。
さらに、一度に食べきれない量の獲物を捕まえたときは、いったんどこかにもって行き、こっそり食べるという習性もあります。

基本的に犬の犬歯は、先がとがっていて、咀嚼するのに向いていない形状になっています。
人間の奥歯の役割をする歯は、ありません。固いジャーキーや骨などを噛み砕くための奥歯があるのみです。
丸飲みする習性を理解したうえで、犬のために作られているドッグフードはどれも、適量であれば丸飲みでも大丈夫です。

ただ、消化能力の低い犬の場合はまれですが、消化上良になることも。
頻繁に喉につかえる、吐き出すなどの様子がみられたら、獣医師のアドバイスをうけて、お湯でふやかすなどの工夫も有効です。

また、口の中でうまくすりつぶすことができないので、先がとがっている鶏などの骨を与えるのは注意が必要です。
栄養的には問題ないのですが、消化器に刺さってしまう場合があります。
子羊の肋骨などは柔らかく、食べやすいといえます。