ドッグフードは生タイプ?

ドッグフードはその形態から、3つに大別されます。
もっともポピュラーな総合栄養食で多いのが、水分含有量10%以下のドライフードです。
6%~10%程度で色々な商品があります。
もっとも長期保存ができ、手軽で値段も手ごろなものが多くあります。
必ず、新鮮な水と一緒に与えましょう。

水分含有量25%~35%程度のフードは、セミモイストといわれる、半生タイプです。
こちらは嗜好性が高く、好む犬も多いのですが、やはりドライにくらべると香りもとびやすくカビなども生えやすくなっており、開封後は冷蔵庫での保存が好ましいとされています。

75%以上は、ウェットタイプ、生タイプとよばれています。
パウチや缶詰で販売されています。
こちらはさらに開封後の持ちが悪いので、できれば冷蔵庫保存の上、一日以内に食べさせるようにしましょう。

今はフリーズドライのタイプや、冷凍タイプのフードもあり、消費者の選択の幅は広がっているといえます。
一般に生タイプのほうが、犬に好まれる理由は、タンパク質がドライタイプより多目になっており、グルテンやタンパクゲルなどで、生の肉のように加工してあることが多いためです。
そもそも草食動物を内臓ごと食べる犬の食性から考えれば、ドライタイプより生タイプのほうが、好むのは自然なことといえます。

しかし、保存性のほかに、ドライタイプのもうひとつの利点は、歯垢・歯石がつきにくい点です。
固い、カリカリとした食感には、ブラッシング効果があります。
生タイプばかりだと、どうしても歯にフードが残り勝ちです。
歯垢がつきやすい奥歯などをマメにチェックし、できれば歯石になる前に、ブラッシングしてあげるとよいでしょう。

生といえば、生肉も、フードとして与えて問題ありません。
豚肉、牛肉、鶏肉のほか、馬肉や、ラム肉などもドッグフードに適しています。
しかし、人間用にスーパーで販売されている生で食べることを前提としていない肉は、生で犬にあげることで細菌感染などの危険があります。
ドッグフード用をインターネットなどで購入するようにしましょう。
プレミアムの表記がある、添加物や農薬の使用などにこだわっている商品がベストですね。