オーガニック食材のドッグフード

店頭で並ぶドッグフードの多くが、製造コストを安く抑えるために、人間がたべないようなランクの低い肉や、農薬をたっぷり使った穀物や、賞味期限を長くするための大量の添加物が使われています。

ドッグフードには、人間の食べる食材のようにきめ細かい規制がないのが現状です。
平成21年6月から施行された、愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律で、原材料や現在地についての表示義務や有害物質や農薬、添加物についての規制などが義務化されました。
ご飯を選ぶことのできない犬のために、飼い主はしっかりと素材も確認したいものです。

犬にとって理想的なフードとはどのようなものなのでしょうか。
まず、香料、保存料、酸化防止剤などの化学添加物は少なければ少ないほどよいといえます。
保存料については、天然由来の素材をつかっているのが理想です。
香料や着色料については犬にとっては必要ありません。
馬肉、ラム肉、鶏肉、鮭肉などの良質なタンパク質を主原料としているものがよいでしょう。

肉のランクも大切です。
人間が食べられないランクの肉や「バイブロダクツ《と言われる廃棄すべき部位が往々にして使われています。
アメリカでは肉にランクをつけており、7ランク以下は人間は食べません。
8ランクがいわゆる4Dミートと呼ばれています。
4Dとは、Dead、Diseased、Dying、Disableの頭文字になります。
当然、こうした肉をつかった商品は避けたほうがよいといえます。

野菜穀物についても、最近では、オーガニック=有機農法で作られた原材料を使用したドッグフードも売られています。
北海道石狩にある新篠津村内の農場「大塚オーガニックファーム《では、同村で作られた有機野菜で作ったドッグフードを販売しています。

ネットショップ「Natural Ketchen《では、犬用に有機野菜と鶏リブ肉のシチューなど販売しています。
普段の食事にトッピングや、手作りフードの材料としても使えます。
完全有機農法は難しい上、ドッグフードとなるとさらに数は少ないのが現状ですが、農薬もできるだけ使わないオーガニックに近い穀物、野菜類を使用したものを選択したいものですね。