中型犬専用ドッグフード

店頭に並ぶドッグフードには、実に色々な種類があります。
ドライ・ウェットといった、フードの形状から、年齢別、目的別、犬種別など、自分の犬に合うフードはどれか、迷ってしまいます。
小型犬用、中型犬、大型犬用とサイズ別になっているものがありますし、超小型犬用というものもあります。

サイズ別に特にフードを変えないといけないことはないのですが、その体型や性格の違いから、上足しがちな栄養素、なりがちな病気というものがあります。
まずサイズの分類ですが、正確な規定はありませんが、大体以下のように分類されます。
超小犬 2~3Kg以下
小型犬 ~12Kg以下
中型犬 ~25Kg以下
大型犬 ~40Kg以下
超大型 ~40Kg以上

この中で、中型犬というと、シェットランドシープドッグ、ピンシャー、アイリッシュテリア、アメリカンコッカースパニエルなどに代表されます。
フードでいう、小型犬用と大型犬用は何が違うのでしょうか。

まず、総カロリーが、小型犬のほうが高めに設定されています。
運動量が多く、代謝がよい割りには、一度に食べれる量が少なめだからです。
逆に大型犬用、特にパピー向けは、成長期の急激な体重増加に、関節が耐えうるように、粗タンパクや脂肪、カロリーは控えめになっています。

次に大きさです。
犬はそもそも餌をかまずに丸呑みするため、フードの形状は、小さい口でも食べやすいよう小さめになっています。
大型犬用のフードでは、喉に痞えてしまう危険があります。

また、原材料は、大きく変わることはないのですが、体型によって、なりやすい病気が違います。
小型犬は、歯のトラブルや関節のトラブルが多く、大型犬では、関節、心臓、消化系が弱い傾向があります。

中型犬は、小型犬と大型犬の中間といえます。
全体的に抵抗力をたかめるような栄養素がバランスよく含まれています。
高齢になってくると、外耳炎や白内障、椎間板ヘルニア、皮膚病などにかかりやすい傾向があります。

ただ、小型犬用、中型犬用、大型犬用といっても、原材料としてはそこまで大きく変わることはありません。
超小型犬、超大型犬でなければ、あまり気にする必要はないといえるでしょう。