国産材料に拘ったドッグフード

原材料にこだわったドッグフードが増えています。
海外で生産されるドッグフードには、加工途中に何が混入しているか、完全に把握することは難しくなります。
自社登録工場などで、しっかりとした生産体制をとっていることが必須条件になります。

以前、中国産の工場で加工されたペットフードの原材料が原因で、大量にペットが死亡した事件がありました。
それまで、ペットフードに対する規制はほぼないに等しく、表示の基準や義務もありませんでしたので、国内のペットフード販売者はペットフードの安全性について把握するすべがありませんでした。

値段を低く抑えて販売するには、原材料にこだわることはできません。
廃棄するような、ランクの低い肉をつかったり、農薬を大量に使用した、穀物を利用することになります。
また大量生産でコストを下げるためには、賞味期限が長くなければいけません。
そのためには、保存料や酸化防止剤、匂い付けのための香料などの化学物質を使うことになります。

もちろん、このような化学物質は犬の身体に負担で、添加物によっては、アレルギーがでやすくなったり、場合によっては、肝臓・腎臓・心臓・脳への障害、皮膚炎などの報告もなされており、「ペットフード安全法《では、害になりうる添加物については規定が設けられています。
海外から原材料を輸入する場合、農薬の使用など、質を管理するのは大変ですし、無農薬で作物を作るには、非常に手間がかかり、安く入手することが難しくなります。

国産の材料で作ったものは、農薬の使用にも規制があり、やはり比較的安全であるといえるでしょう。
「犬猫自然食本舗《や、「ワンオフフード《「わんダーランド《などインターネットで、国産食材、無添加にこだわったドッグフードを購入することができます。

店頭で購入できるフードでは、「JPStyle《が国産にこだわったドッグフードです。
国産原料を国内製造、健康、安心を特徴としています。
値段も抑え目で、入手しやすくなっています。