ドッグフードはドライタイプ?

ドッグフードはその形態から、3つに大別されます。
もっともポピュラーな総合栄養食で多いのが、袋入りで販売だれている、水分含有量10%以下のドライフードです。
6%~10%程度で色々な商品があります。
もっとも長期保存ができ、手軽で値段も手ごろなものが多くあります。
かならず、新鮮な水と一緒に与えましょう。

水分含有量25%~35%程度のフードは、セミモイストといわれる、半生タイプです。
見た目はドライフードに近いものが多いですが、やわらかく、食べやすい形状になっています。
75%以上は、ウェットタイプ、生タイプとよばれています。
パウチや缶詰で販売されています。
開封後の持ちが悪いので、できれば冷蔵庫保存の上、一日以内に食べさせるようにしましょう。
今はフリーズドライのタイプや、冷凍タイプのフードもあり、消費者の選択の幅は広がっているといえます。

ほとんど全ての大手フードメーカーがドライタイプの総合栄養食を販売しています。
未開封の賞味期限は非常に長く、2~3年程度のものもあります。
保存性のほかに、ドライタイプのもうひとつの利点は、歯垢・歯石がつきにくい点です。
固い、カリカリとした食感には、ブラッシング効果があります。
生タイプばかりだと、どうしても歯にフードが残り勝ちです。
歯垢がつきやすい奥歯などをマメにチェックし、できれば歯石になる前に、ブラッシングしてあげるとよいでしょう。

嗜好性としては、やはり生タイプを好む犬が多いようです。
ドライタイプの食べが悪くなってきたら、スープなどでふやかしてあげるのもひとつの方法です。

ただ、ドライタイプも、開封後は保存方法に気をつけたほうがよいといえます。
保存期間の上限は、袋の表記を参考にしましょう。
だいたい1ヶ月を目安に食べきるようにしましょう。

良質な材料をフードを大袋で買って、しっかり小分けして保存するのも、ひとつの方法です。
小分けにしてしっかり密封し、フードシーラーと呼ばれる除湿剤をいれて、床下や冷蔵庫など冷暗所に保存することで、ある程度酸化を防げます。